2018-03-05

リピートの構造を生み出す3つの矢

リピート構造を支える柱

どんなにいい商品でもお前からは絶対に買いたくない。
こんな店ってありますよね?
かたや
またこの店から買いたい。またこの人からかいたい。
こんな店もあるはずです。
お試しておさらばのビジネス。何度も足を運びたくなるビジネス。
さて、この差はどこから生まれるのでしょう?

 初めてのお客様からは利益が生まれない

ビジネスの「旨味」はリピートから生まれます。
初めてのお客様に売るのは
既存のお客様に売るよりも、はるかにお金と手間がかかる。
その差は5倍とも10倍とも言われています。
初めてのお客様に売るには出会いを作る広告が必要。
出会いを作っても、まだ相手はあなたを信用していない。
あなたの商品のこともよく知らない。
これは果たして売りやすい状態でしょうか?
広告にかかる経費。フォローにかかる経費。
だから、初めてのお客様からはほとんど利益が残らない。

 利益はリピートの構造から生まれる

対して既存のお客様に売るのはさほど経費はかからない。
ハガキを送る。メールを配信する。電話してみる。
不特定多数に届ける広告に比べて
はるかに低いコストで売ることができる。
既存のお客様は既にあなたの価値を知っている。
「初めて」に比べてはるかに難易度は下がるのです。

あなたはリピートの構造を持っていますか?

あなたの手元に残るお金
「利益」はリピートから生まれるわけです。
リピートの構造を持たないビジネスは
マーケティングの難易度が跳ね上がります。
「初回」から利益を出さなくてはいけない。
そして常にお金のかかる、手間のかかる「初回」を
繰り返さなければいけないからです。
「利益」はリピートの中から生まれる。
リピートが弱いビジネスは「ザル水」です。
常に新規、新規、新規、新規・・・
右往左往する羽目になってしまいます。
あなたはリピートの構造を持っていますか?
あなたのリピートを生み出す3つの矢

リピートの構造はこの3つの矢が作る

リピート構造を構築するにはいくつかの条件が存在します。
この3つの矢がお客様の心に突き刺さった時

きっとあなたのビジネスは大きな変化を遂げるでしょう。

1 質の高い商品とサービス

どんなに愛想がいい店主のラーメン屋でも
肝心要のラーメンがまずければ二度と行きませんよね?
「また買いたい」「またあの店に行きたい」
提供する商品の品質はリピート構造を構築する屋台骨。
これがなければ何をやっても意味はありません。
これは大丈夫ですよね?

2 適切な会話

人は好きな相手からモノを買いたい。
「関係性」の深さがリピートの命です。
この「関係性」を育むのが適切な会話。
ポイントは「適切」かどうか?
商品自慢、会社自慢
売り手の一方的な話は会話にはなりませんよ。
自分を理解して欲しければまず相手を理解すること。
話すべきテーマは常にお客様のことです。
「この商品は」「私たちの会社は」から
「あなたは」お客様は」
主語を変えるとあなたのビジネスは激変するはずです。

3 定期的なコンタクト

接触頻度と「関係性」は比例します。
「関係性」は定期的なコンタクトから生まれます。
ニュースレター、メールマガジン、定期訪問
あなたは「定期的」な方法を持っていますか?
お客様が離れていく理由。
その一番の理由は「忘れていたから」ですよ。
定期的に頻度高くお客様と接すること。
関係性構築の大きなポイントです。

「定期的に」「頻度高く」
ここがポイントですからね。

リピート構造を持たないビジネスは脆い

いかがですか?
リピートの構造を持っていないビジネスに
いくらお客様を集めてきても儲からない。
「一回きり」ばかりをくる返す「ザル水」。
あなたのビジネスの確固たる基盤を作ってくれるのは
リピートの構造なのです。
リピートの構造を持たないビジネスは脆い。
これ、本当に疲れます。
この3つの矢が、あなたのお客様の心に刺さること

これ、切に願っていますね。
それではまた!


関連記事
集客のお悩みを電話で相談!