2018-05-19

あなたはマーケティングをコントロールできていますか?

マーケティングをコントロールする

「なんで売上が上がらないんだろう・・・?」
その理由は単純明快。とてもシンプルな理由。マーケティングをお客様の「気まぐレ」に委ねているからです。
残念なことに、多くのビジネスオーナーはマーケティングを「お客様まかせ」にしています。
マーケティングはあなたにとって最も重要な仕事です。マーケティングをコントロールしてください。

ビジネスが市場から消えていく理由。それは・・・

例えば再来店率や再利用率。再来店率、再利用率はリピート構造の入り口、固定客化の第一歩。
マーケティング上、極めて重要な数値です。固定客化、常連客作りはここから始まります。
ところが・・・・
実際に体験していただけると、すぐにわかります。10の店舗に行って、何か買い物をしてみてください。
その中で「再度来店してください」。あなたに何らかのアプローチを試みる店舗は何店舗ありましたか?
おそらく、1店舗が2店舗、それもあればいい方だと思います。
ほとんどの店舗が「ありがとうございます」、その場で感謝を伝えるだけ。
マーケティング上、極めて重要な「次の来店」を、あなたの気持ちひとつに委ねているわけです。
簡単に言ってしまうと、何もしていない。無策なのですね。
あるデータによると新しくできた店舗の約7割が2年以内にマーケットから姿を消してしまうそうです。
僕から言わせると、それは当然の帰結です。だって、何の手も打っていないのですから。

再来店、継続来店、単価アップ、来店頻度対策・・・
ほぼ全てのマーケティングを、お客様の「きまぐれ」「たまたま」に委ねてしまっている。
自ら自分のビジネスをコントロールすることを放棄しているわけです。
あなたは自らの手でマーケティングをコントロールしていますか?

マーケティングの本質は「コネクション」関係性を保つこと

人の記憶は20分後から加速度的に低下していきます。
例えば、ここ一週間、どこでランチを食べたかあなたは覚えていますか?
僕は、昨日のランチも、しばらく考えなければ思い出すことができませんでした。

新規来店のお客様には、遅くても次の日にサンキューレター、サンキューメールを出してください。
確実に再来店率、再利用率が上がります。
ニュースレター、セールスレター、時節の挨拶、バースデーカード・・・何でもいい。
既存顧客と少なくても年に6回、コンタクトしてください。確実に来店頻度が高まります。
商品を購入してくれたら「合わせてこれもいかがですか?」関連商品を勧めてみてください。
確実に利用単価が上がります。

マーケティングの本質は「コネクション」。常に顧客との関係性を維持し育てていくことです。
お客様は常に気まぐれです。関係性の構築を、その「気まぐれ」に任せていて
果たしてビジネスは機能するでしょうか?しません。海原に小舟を浮かべているようなもの。
コントロールを失った小舟は、ただただ漂流するしかないのですね。

マーケティングをコントロールする魔法の言葉

お客様との関係構築は、あなた次第ということ。この言葉をマントラのように唱えてみてください。
「次に何をする?」
新しく来店してくれた。「次に何をする?」
再来店してくれた。「次に何をする?」
常連客になってくれた。「次に何をする?」
「次に何をする?」で、常にあなたがお客様との関係をコントロールするのです。

いかがですか?
ビジネスを自らの手でコントロールする。マーケティングを自らの手でコントロールする。
お客様の「きまぐれ」「たまたま」に頼ったマーケティング。これは史上最悪のマーケティングです。
あなたが「売上アップ」のために実行していることをノートに書き出してみてください。
どうですか?
あなたはマーケティングを自らの手でコントロールできているでしょうか?
それとも、お客様の「気まぐれ」をただただ祈るだけ?
マーケティングは、あなたにとって最も重要な仕事です。必ず主導権を握ってくださいね。
それではまた!

 


関連記事
集客のお悩みを電話で相談!