なぜ僕たちはダイレクトレスポンスマーケティングを選ぶべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • data-share="true"
  • LINEで送る
選ぶべきマーケティング手法

「売上をもっと上げたい」「もっとたくさんのお客様を集めたい」
きっと、あなたも僕と同じようにこのことを強く強く望んでいるはずです。
そして、もしかするとこんな悩みを抱えているかもしれません。
「マーケティングが必要。でも何から始めたらいいのかわからない」
わかります。書店に行くとマーケティング関連の書籍がずらりと並んでいる。
サイトを調べると、様々な人が様々なノウハウを公開している。
「自分は何をやればいいんだ?」あなたが選択に悩むのも無理はありません。
そこで今回は、僕たち小さなビジネスが選ぶべきマーケティングの方法を紹介したいと思います。

そもそもマーケティングとは何か?

まず明確にしておかなければいけないのはこれです。「そもそもマーケティングとは何なのか?」
例えば検索窓に「マーケティングとは」と叩いてみてください。
これまた、たくさんの人が様々な定義を披露しています。そして難しそうなことが書かれている。
ますます混乱してきましたね。大丈夫です。この二人の巨匠の言葉をご覧ください。
「マーケティングとは買う気満々の客を営業マンの前に連れてくること」by 神田昌典
「優れたマーケティングはセールスを不要にする」by ピーター・F・ドラッガー
二人の巨匠は言葉は違えど同じことを言っています。「マーケティングとは売りやすい環境を作る活動」
いかがですか?シンプルで明確、わかりやすいですよね?これなら何をやるべきか見えてきますよね?
マーケティングとは売りやすい環境を作る活動のこと。こう定義して取り組んで行きましょう。

小さなビジネスが選択すべきマーケティングの方法

では僕たち小さなビジネスが選択すべきマーケティングはどんな方法なのでしょうか?
それはズバリこれ、「ダイレクトレスポンスマーケティング」です。
マーケティングは大きく分類して2つの方法があります。
それは「マスマーケティング」と「ダイレクトレスポンス・マーケティング」です。
「マスマーケティング」とは主にテレビコマーシャルなどを使いイメージや企業の姿勢を訴求。
買いやすい空気や雰囲気を作ることでマーケティングを展開して行く方法です。
かたや「ダイレクトレスポンス・マーケティング」が求めるのは常に具体的な行動。
直接、行動という反応を得ることで組み立てて行くマーケティングの方法です。
「マスマーケティング」が求めるのは知名度や好感など買いやすい空気。
「ダイレクトレスポンスマーケティング」が求めるのは常にターゲットの具体的な行動。
その違いを見分けるのは簡単です。「今すぐ◯◯◯してください」
具体的な行動を求めているのが「ダイレクトレスポンスマーケティング」
歌い的な行動を求めていないのが「マスマーケティング」です。
では、なぜ僕たち小さなビジネスは「ダイレクトレスポンスマーケティング」を選ぶべきなのでしょうか?

あなたがダイレクトレスポンスマーケティングを選ぶべき3つの理由

的が明確なマーケティングの手法

僕たち、小さなビジネスは、なぜ「ダイレクトレスポンス・マーケティング」を選ぶべきなのか?
それはズバリ、限られたマーケティング予算を絶対に無駄にはできないからです。

理由1 少ない予算からマーケティングを始めることができる

「マスマーケティング」が目的とする知名度の向上や高感度の獲得は、おそろしいほどのコストがかかります。
例えばある商品が新しく発売されたとします。一定の知名度を得るために全国にテレビコマーシャルを放映する。
これ、どれくらいのコストが必要かご存知ですか?軽く見積もって数億円です。
これ、小さなビジネスにとっては非現実的な金額です。絶対に無理。
でも、「ダイレクトレスポンスマーケティング」が目的とするのは、来店、問い合わせ、資料請求、サンプル請求・
常に具体的な行動です。だから、地域を選び小さくスタートすることができる。
集客チラシを数千枚配布する。リストを選びFAXDMを発信する。既存顧客にダイレクトメールを送る。
小さな予算からマーケティングが展開できるのです。

理由2 費用対効果が明確

「マスマーケティング」が目的とする知名度や高感度など、心の変化は数えることができません。
事実、「マスマーケティング」では、どの広告が引き金になって購買されているのか、正確に把握していません。
乱暴に言い切ってしまえば、数億円のお金を使い、その費用対効果はぼんやりしている。どんぶり勘定なのです。
どの広告から顧客がやってきたのか、明確に特定ができないのです。まるでわからない。
かたや「ダイレクトレスポンスマーケティング」の費用対効果は明確です。なぜなら行動は数えることができる。
「集客チラシを1万枚配布したら問合せが20件あった」「ダイレクトメールから200万円の売上が計上できた」
費用対効果が明確だから、その広告を続けるのかやめるのかも、すぐに判断できるわけです。

理由3 数字を把握できるから改善が容易

「ダイレクトレスポンスマーケティング」は結果の全てを数字で受け取ることができます。
1万枚を配布して20件の問い合わせが獲得できた集客チラシのキャッチコピーを変更したら反応はどうなるのか?
オファーを変更したらどうなる?配布エリアを変更したら?配布方法を変更したら?
実施したマーケティング、その全てがデータとして活用することができる。無駄にはならないのです。
マーケティングを実施する。結果を見る。改善する。またテストする。そしてまた・・・
実施したマーケティングの全てが、貴重なデータとして次のマーケティングに活用できるのです。
結果を具体的な数字で受け取ることができるから改善が容易。小さなビジネスにとっては大きなメリットです。

全ての広告の結果を「数字」で受け取れるようにする

いかがですか?これが僕たちが「ダイレクトレスポンスマーケティング」を選ぶべき理由です。
まず最初に、あなたが実施している広告、その結果を数字で把握できるよにしてみてください。
「ご来店の際はこのチラシをご持参ください」「このチケットを係員にお渡しください」
結果を数字で受け取るようになると改善点が明確になります。今、何をすべきかが明確になる。
「ダイレクトレスポンスマーケティング」はお金だけでなく、行動の無駄も無くしてくれるのです。
「ダイレクトレスポンスマーケティング」これ、真剣に取り組んでくださいね。
それではまた!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • data-share="true"
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

集客のお悩みを電話で相談!