2018-07-15

夏フェスに新規集客の「真実」を見た!

夏フェスに新規集客の真実を見た

まだテンションが高くて、眠れそうもないのでこの記事を書いています。

「また高橋、遊び呆けやがって」こう思っているでしょ?
違います。れっきとした仕事ですよ!仕事!

昨日(と言うか今日)北海道を代表する夏フェス「JOIN ALIVE」に行ってきました.ALWXANDROS、ゲスの極み乙女、ORENGE RANGEなど人気アーティスト達のライブを堪能してきました。
中でも「夜の本気ダンス」は最高のライブを疲労してくれました。こいつら最高ですね。ソリッドでシャープな高速ビート。
これぞROCKと言うステージでした。

「やっぱ、遊びじゃねーか」違いますって。本当に仕事。
このイベントに出店している、あるエスニック系の飲食店から
「味には自信があるのですが催事ではなぜか売れない。
何で売れないのか専門家の目線で見て欲しい」
こう依頼されたのです。もちろんギャラが発生していますよ。
ただ、当日のチケット2枚と、当日その店の料理食べ放題という「現物支給」でしたけど。ま、いいライブを堪能できたから結果オーライでした。

さて、ここからが今日の本題です。

僕が試食しても、同行した妻が試食しても確かに美味しい。
試しに、その店で購入したお客様、数人にヒアリングしても
「ここで、こんな本格的な料理を食べられるなんて
思っても見ませんでした」こんな調子です。

なぜ、料理は美味しいのに売れないのか?
あなたは、この原因が想像できますか?

僕は、その店を一目見た瞬間に原因がわかってしまいましたよ。
それは新機集客における致命的なミステイク。
「料理が全然美味しそうに見えない:からでした。

新規集客において、多くの人が思い違いをしています。
「料理が美味しければお客様を集めることができる」
「商品が素晴らしければ客を集めることができる」
できません。これは大いなる誤解。大間違いです。
どんなに料理が美味しくても、どんなに商品が素晴らしくても、それだけでは新しいお客様を集めることはできない。
理由は至極当然のことです。
新規集客の対象は、その美味しい料理を、素晴らしい商品をまだ体験したことがない人たちだからです。

だから新規集客では、「美味しそうな料理に見える」ことが、「とても素晴らしい商品に思えることが、何よりも重要なことなのです。

「美味しい料理」が、「素晴らしい商品」が、その威力を発揮するのは「リピート」からなのですね。
その店の看板、POPは一目で素人が作ったとわかるもの。
特に使用している写真がアウト。ピンは合っていない。照明がまわっていない。典型的なスマホのスナップ写真。
いかにも「不味そうな料理」にしかみえないのです。
少しでも売れているのが不思議なくらいでした。

あなたの商品は、どのように見えますか?
「良さそう」「素晴らしそう」「美味しそう」
こうお客様が思えるレベルになっていますか?
新規集客も「見た目」が9割なのですね。

もちろん、「美味しそうに見えて、実際には美味しくない」
「素晴らしそうに見えて、実際はガラクタ」
これは最悪ですよ。新規集客はできるかもしれませんがその後は全然リピートしない。これ、いくら頑張っても「一回きり」を量産するだけ。
典型的な「骨折り損のくたびれ儲け」になってしまいますからね?

いかがですか?
「美味しそうに見える」「素晴らしそうに思える」
これこそが新規集客の「真実」なのですね。
新規集客は見た目が9割。これ、絶対に覚えておいてくださいね。
それではまた!

 


関連記事
集客のお悩みを電話で相談!