初めての広告作成の最初の一歩はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • data-share="true"
  • LINEで送る
初めての広告作成の最初の一歩

ファーストステップ。何事も「最初の一歩」がとても重要です。大切なのは必ず正しい方向へ足を踏み出すこと。
例えば初めての広告作成の場合は・・・
「大型連休に初めての広告作成にチャレンジします。広告作成は最初に何から始めたらいいですか?」
昨日いただいたこの質問。とてもいい質問ですね。「最初の一歩」は必ず正しい方向へ足を踏み出すことが肝要です。
ここをミスると結局「ふりだしへ戻る」になってしまう。お金も時間も膨大なロスが生じることになります。
そこで今日は、広告作成における「最初の一歩」。ファーストステップについて解説したいと思います。

初めての広告作成でまず最初に取り組むべきこととは?

初めての広告作成のファーストステップ、「最初の一歩」は、あなたの商品と見込み客との「接点」を探すことです。
例えば「価格命」の見込み客にいくら品質の高さをアピールしても動かすことはできません。
「接点」がないからすれ違ってしまう。たとえ広告を読んでもらったとしても、この見込み客は反応しません。
この見込み客の最大の価値判断基準である価格の訴求がなされていないからです。
品質の高さを求めている見込み客に品質の高さをアピールして、初めて反応を取ることができる。
初めて広告は「集客」することができるわけです。
広告作成の「最初の一歩」は
商品と見込み客との「接点」を見つけること。この2つの質問で探してみてください。

商品と見込み客との「接点」を見つける2つの質問

「あなたの商品、サービスが 一番得意なことは何ですか?」
「あなたの一番得意なことを一番喜んでくれるのはどんな人ですか?」

あなたの商品カテゴリーを求めている見込み客には色々な人が存在します。様々な判断基準を持っている人がいる。
とにかく「安い」を求めている人。「なる早」何はなくてもスピードをを求めている人。
時間はかかっても構わない。「確実」を求めている人。これだけ」を求めている人。あれもこれも」求めている人。
あなたの商品は、どの見込み客を一番満足させることができるでしょうか?
あなたの商品が一番得意なことを一番求めている見込み客はどんな人なのかを、最初に定義するのです。
最も売りやすい見込み客をここでしっかりと決めるわけです。「接点」を探してみてください。
見込み客を行動に導くことができるのはたった一つ。その見込み客が一番重要視している判断基準だけなのです。

「あなたがとにかく価格の安い住宅を求めているなら、残念ですが私たちの住宅をお勧めすることはできません。
でも、もしあなたが大切な家族をいつまでも守ってくれる耐久性に優れた住宅をお探してあれば
私たちはあなたを必ず満足させる自信があります。私たちの住宅は・・・・」

あなたの商品と見込み客の「接点」が、そのまま広告作成のテーマになるのです。
ここで間違ってはいけないのは「あの人もこの人も」。複数のターゲットを同時に満足させようとすることです。
「あの人も、この人も」を対象にした広告は「アレも、これも」言わなくてはいけなくなります。
「複雑でわかりづらい」は広告の反応を下げる諸悪の根源。「地番喜んでくれる人」だけを対象にしてください。

あなたの商品を待ちわびているのはどんな人ですか?

広告作成の「最初の一歩」は商品と見込み客との「接点」を見つけることです。
さあ、ああなたの商品を待ちわびているのはどんな見込み客ですか?
その見込み客に狙いを定めてあなたが一番得意なことを訴求してください。それが広告のメインテーマです。
商品と見込み客との「接点」必ず確認してから広告作成を始めてくださいね。
それが正しい「最初の一歩」です。間違った報告に足を踏み出すことがないように祈っていますね。
それではまた!

 

SNSでもご購読できます。

集客のお悩みを電話で相談!